<オリジナルTシャツ>学校のイベントに

文化祭におけるクラスTシャツ

文化祭でのオリジナルTシャツは特に多彩になり、いつもの制服のままではなく、中には衣装を製作して臨む学校もあるのではないでしょうか?
ですが衣装製作が出来る人は本当珍しいもの、服飾系の学校でなければ早々そういったスキルを持っている人もいないでしょう。
ですがオリジナルの衣装を着てみたい!となった際に、クラスTシャツを用いるところも多いです。
文化祭といえど大きなところでは保護者や一般人も招いての大掛かりなものとなります。教室を飾ってより本物の喫茶店などを意識し、実際に生徒が簡単な調理をする場合や接客などに動いたりと頑張ります。
だいたいクラス単位でするので、クラスTシャツのようなものがあれば便利で、実際自分のクラスが行っている出し物の宣伝などもできるので好評です!クラス名や店の名前などをクラスTシャツにプリントしておき、そのTシャツを着用したまま校内を歩くなどで自分のクラスのアピールをしにいったりもします!
宣伝熱心なクラスですとチラシも配ったり、宣伝活動に力を入れますが、そうでない生徒もたくさんいます。
実際人前に出るのが苦手、そんな生徒もいるので、クラスTシャツだけでも作って着用する、というのはいい方法かもしれません。またクラスTシャツ映えはどんな出し物でも大丈夫です。
お店でもよし、写真撮影スタジオなどでもよし、ダンスでもよし、Tシャツは使い道がたくさんあって何にでもあわせやすいものなので、作っておいて損はないでしょう。
プリントの内容によっては今後も使っていけますので、使いまわしは自由、また寒い時期の屋外でなければ半袖のTシャツ一枚でも十分にオールシーズン使えます。
文化祭は大規模、小規模問わず生徒が頑張って何をするかを考え、そのために準備をして当日学校全体が楽しむものです。
店番をすることも大きな経験になりますし、また自分たちが出し物を回る側になっても楽しいもので、一つの学校を挙げてのお祭りです。
自分たちで開催するお祭りはとても準備は大変なので、そのモチベーションを上げる為にも生徒の為にクラスシャツを発注する先生方も増えてきています。
自分たちが作っている製作物の完成は勿論、外注していたクラスTシャツが届くとより生徒さんたちにとっても嬉しいもの!デザイン決めなどの段階も楽しんで出来ますので、文化祭にクラスTシャツを採用しているところは多いです。